大会案内

日本湿地学会では、毎年一回年次全国大会を開催している。大会は2009年度に第一回を開催し、2020年度で第12回を数えている。日本湿地学会大会では、各地の湿地に関わる多様な関係者が集まり、湿地の保全や賢明な利用等について、文理を問わず広い分野の視点から議論がなされる点が最大の特徴である。大会は、毎回全国各地の湿地に関連する場所で開催され、公開シンポジウムや研究発表およびエクスカーションからなり、毎回2日間にわたり開催されている。